■西芦別 旧一坑病院  2004年秋by ganpunmaki
→病院当時の平面図を見る





サーモン色の三井芦別鉱業所病院の左隣
、かつての旧一坑病院。

1944年(S19年)開設、1968年(S43)新病棟が啓南橋側に建設された。
1970年頃から旧病院施設は北日本精機の社屋となった。
1987年にはすべての病院が廃業した。

「旧病院は、2004年11月まで現存してました。
北日本精機が1981年11月上芦別の新工場に移転後に三友土建が2003年1月の倒産まで使用してました。
撮影は、2004年の9月です。岩粉撒き氏のコメント


このページの資料全ては撮影、提供 岩粉撒き氏
禁無断転載複写