頼城の山神祭(炭山祭) 1978年(S53年)5月11-13日 by ashibetsu


3)炭住街に入る天狗と神輿。

1.正面に平屋の社宅(たぶん2戸)、道路挟んだ左側に2階建ての社宅。
2.十字路のところに電柱。
3.ブランコのある場所の右を見ると、平屋社宅に玄関先に続く側溝があります。
ということはブランコのあった所にも過去に社宅があったということだと思います。
4.平屋住宅壁にかかっている住所表記の札から、ここは西町10丁目と推測。

そこから俯瞰写真・航空写真を眺めて白矢印のところ
(西町10丁目と9丁目のところの、10丁目側)が撮影場所と推測しました。
oku-rappa 氏コメント)



芦別市星の降る里百年記念館所蔵「思い出の三井芦別」CDより (掲載許諾済) 
無断転載、直接リンクを禁じます