■桂町の住宅から見た上芦別 1961年(S36) by kimura



上芦の遥か向うには十勝岳があり、
噴火の時にはそこから黒い雲が(煙でしょうが)たなびいていたのが見えました。

下の芦別川には洗炭所からのこげ茶色の水が流れ、汚かったですね。
大雨になると増水して、上流から大きな丸太が流れて来ました。
それを、川向うの上芦の農家の人が、引き上げていたのを覚えています。
コメントkimura氏


撮影提供 kimura氏