油谷芦別炭鑛思い出のアルバムL



チップラー
採炭・運搬・選炭・積出
現在主として採炭しているのは夕張夾炭層に属する
一、二、三、四番層で、三坑及び六坑の二坑口より
採掘され、出炭量は月産概ね12,000屯内外の平調出炭
を持続しております。各坑は出炭された石炭(原炭)は
捲揚機により坑外に搬出され、電車により原炭ポケット
に運ばれます。ポケットに貯炭された石炭はレオ式選炭機
にかけられ、上上粉、洗中魂、洗上粉、細粉、一粉、並粉
等の銘柄別に精炭されて、石炭貨車に積込まれ需要先に
搬出されます。
選炭夫の活躍
ポケットの原炭はレオ式選炭機に送られ、選炭婦の
手を経て、レオ選炭機にかけられ精炭される。
当サイトの画像、資料の無断転載を禁じます。
著作権は当サイト ゛管理人 蟻" 及び ゛資料提供者"に存します。

資料提供 札幌市在住 磯部晴夫氏

資料提供 芦別市星の降る里百年記念館